やっぱり海外ドラマが好き
「やっぱり海外ドラマが好き」では、海外ドラマの代表作品や特徴、魅力を紹介しています。
TOP > 韓国ドラマの特徴

韓国ドラマの特徴

2003年頃から、ドラマ「冬のソナタ」を発端に韓流ブームというのが起きました。
ここでは、女性に人気の高い韓国ドラマの特徴や魅力と代表的な韓国ドラマの作品の例をいくつか紹介していきます。

善玉・悪玉がはっきりしている

主人公は悪玉にやたらいじめられますが、最後には解決します。
よって、視聴者に安心感を与えます。

因縁の関係

平凡的な出会いではなく、因縁の出会いによりストーリーが、よりドラマティックに展開していきます

交通事故

だいたい大切な場面で主役やヒロインは大きな事故に遭います。
その不幸によって人間関係が複雑になります。

韓国ドラマの代表的作品

「冬のソナタ」
ユジン(チェ・ジウ)の高校に転校して来たジュンサン(ペ・ヨンジュン)。
だんだんと惹かれていく二人。それはユジンにとってまさに初恋でした。
しかし、繁華街で待ち合わせをした大晦日の夜、突然の別れがやってきたのです。
10年後、ユジンはサンヒョク(パク・ヨンハ)と婚約をすることになります。
そんなある日、同窓会で友人チェリン(パク・ソルミ)が恋人のミニョン(ペ・ヨンジュン)を連れてきます。
ジュンサンと瓜ふたつの彼とサンヒョクの間で、ユジンの心は揺れ動くのでした・・・。

「天国の階段」
ソンジュ(クォン・サンウ)とチョンソ(チェ・ジウ)は、幼い時から、兄弟のような強い絆で結ばれていました。
ソンジュは父親の死を経験し、チョンソは母親の死を経験しました。そして、そんな辛いときでも、2人は支えあって成長してきました。
やがて、お互いに、好意を抱くようになります。そしてある時、チョンソの父親が再婚します。
再婚相手には連れ子がいて、チョンソにとって義妹となるユリ(キム・テヒ)が、チョンソと一緒に暮らすことになります。
ユリは、ソンジュに愛されているチョンソに非常に嫉妬して、さまざまないじめを母親と共に繰り返します。
やがて、そのいじめはエスカレートしていき、取り返しのつかない事に・・・。

海外ドラマブログ

PR


Copyright (C) 2010 やっぱり海外ドラマが好き All Rights Reserved